手洗いカウンター【てあらいかうんたー】



手を洗うためにトイレ内に設置された手洗い用のボウルのついた台のことをいいます。
従来のタンクについた手洗いの場合、タンクの周囲に水はねしたり、排泄後に体の向きを変えなければならないという点がありました。手洗いカウンターはそれらの欠点をカバーしたもので、さらに下部に収納スペースが付いていると、紙類や掃除道具などを収納できるため便利です。

◆「て」からはじまる不動産用語辞典.comオススメページ一覧◆

SUB MENU

おすすめサイト